高齢化社会には段差解消機は欠かせません

食生活が改善されたり、医療の急速な進歩により、我が国の国民の平均寿命は延びて来ています。それに伴って、長生きをなさるお年寄りの人口が増え、高齢化社会へと歩みを進めるようになりました。高齢化社会を迎えるにあたり、お年寄りが暮らしやすい環境を整備する必要が出て来ました。一般的に人と言うのは、年を重ねると体が思うように動かなくなってきます。そしてついには、車いすのお世話になる事が多いです。車いすで移動する場合に厄介になるのは、何と言っても段差です。家や街中など、車いすが移動しにくい段差は数多くあります。そんな場所が存在してしまうと、お年寄りが快適に活動できなくなってしまいますから、段差は解消する必要があります。ですから段差解消機を段差のある場所に設置して、車いすでも移動しやすくした方が良いと思われます。段差解消機を段差に設置すれば、お年寄りは段差を感じなくなり、自由にどこへでも行ける事が出来るようになります。

一般的な住宅に段差解消機は必須です

我が国はお年寄りの人口が急増して、高齢化社会が急速に進行しています。ですからいち早くお年寄りが快適に暮らせる環境を、作り上げなければいけません。お年寄りが生活をする上で特に問題となり得るのが、家にある各所の段差です。一般的な住宅内部には段差があるのが普通で、この段差がお年寄りが快適に生活をする場合の障害と成りえます。段差をなくすのが理想的ですが、中々一般住宅で段差をなくすのは難しいと言えます。ですから段差をなくせないのなら、お年寄りが段差を感じないようにしてあげるしかありません。それに有効な対策となるのが、段差解消機です。段差解消機と言うのは、段差ある場所に設置して機械を昇降をさせる事によって、お年寄りが段差でも不自由なく往来できるようにした装置です。お年寄りがいらっしゃるご家庭では、段差に段差解消機を設置して、お年寄りに快適に過ごしてもらうようにするべきです。

もっと段差解消機を普及させるべきです

年を重ねて足腰が弱くなった方や身体障碍者の方の中には、車いすで日常生活を送っている方が結構いらっしゃいます。車いすは足の代わりをしてくれる物ですが、車いすでの移動は決して楽ではありません。車いすでの移動で特に厄介となるのが段差です。自分の足だと簡単に超えられる程度の小さな段差でも、車いすだと越えられない事が良くあります。ですからそのちょっとした段差の為に、車いすを利用されている方は、外に出る事を敬遠してしまう事があります。お年寄りでも障碍者の方でも、平等に生活をする権利がありますから、車いすでも自由に外出が出来るようにする必要があります。ですから段差には必ず段差解消機を設置して、車いすでも段差を感じないようにすれば良いと言えます。今はまだ普及していない段差解消機ですが、お年寄りや障碍者の方の為に、一刻も早く普及を促進して欲しいです。

屋内や屋外をを問わず曲がった階段にも取付できます。狭くて急な階段でも問題ないのでご相談ください。 老後の対策として階段昇降機を設置する方が増えております。 ご提供する昇降機には検知器、シートベルト等、安全に乗るための機能を備えております。 階段にも様々なタイプがございます。お客様に合った階段昇降機をご案内します。 昇降機レンタル(直線屋内)は7,000円からとなっております。 段差解消機の設置はリフテックへご相談を!